シャムキャッツ Presents

EASY 2

Juan Wauters

SHIBUYA TSUTAYA O-West/O-nest

2015.10.10 OPEN 12:00 / START 13:00

シャムキャッツ / POLYSICS / may.e / トクマルシューゴ / SaToA
D.A.N. / Juan Wauters(from USA) / never young beach
DYGL / 踊ってばかりの国 / THE NOVEMBERS / ZINE&BGM

Juan Wauters (from USA)

フワン・ウォーターズは父親の影響もあって、音楽に興味を引かれる以前はボクシングの大ファンだった(彼の父親はゴールデン・グローヴスの試合に連れて行ったり、「ウィアード・ワールド」の雑誌を購読させた)。

音楽の雄弁性、メタファーをもった音楽、見せ物、ダンス、音楽の歴史、物語そして魅力、音楽は禁止するべきかどうかという疑問、文学や映画のなかでの音楽の存在意義、女性と音楽について最近は考えにフォーカスしている。

上記の洗練された研究および「重量級の人が全体重をかけてパンチを的中させれば、約1万ポンドの重さにも匹敵する」みたいな小さなトリビアから発想を膨らませ作詞を手がけている。

ウルグアイからニューヨークにやってきたフワン・ウォーターズは友人たちとThe Beetsを結成し、現在はソロとしてCaptured Tracksからアルバム"N.A.P"を発表し、待望の新作"Who's Me"をリリースする。

Juan Wauters Japan Tour 2015
http://juanwautersjapantour.tumblr.com/

WEB

http://juanwauters.com/

VIDEO

COMMENT

ニューヨークはクイーンズで活動するポップ・パンク・バンド、The Beetsのメンバーでもあるウルグアイ出身のミュージシャン、Juan Wauters。ツアー車で聞いて一発で好きになりました。まさか来てくれるなんて。やばい。
とりあえずこちらご覧ください。最高です。
なんでしょうこの無敵感。ステージめちゃでかい!けど超余裕。たのしそう。彼がどんな人物か、少し知ってからライブを見ると楽しいかもしれません。
こちらにインタビューも載ってますよ。
日本初来日です。お見逃しなく!

text by 夏目知幸